トップページ > 診療案内 > 症状 > 膝痛

膝痛

主な症状
1.歩き始めが痛い
2.階段の上がり下がりで痛い
3.正座ができない
4.中腰になると痛い
5.仕事や運転で長時間座っていると痛い
6.座った姿勢から立ち上がる時に痛い
7.冷えると痛い
8.少し歩くと痛い

原因
1.足裏の不安定からくる身体全体の歪による原因
昔は草履、わらじ、下駄等鼻緒ついたものを履いていたため足の指で無意識に鼻緒をつかもうと足指を使っていましたが、現代人はスリッパー、靴生活によりほとんどの人が足の指がうまく使用されず例えば指が地面から浮いている状態で足裏のアーチ機能が低下し重心が踵側に傾いて足裏が不安定の状態で歩いています。
最下部の足裏のバランスが崩れ体の重心がずれまた足裏アーチの低下による地面からの衝撃緩和機能の低下により骨盤も含め身体全体にまで歪が発生し、それにより直接膝周辺の筋肉に緊張が発生している状態です。
2.身体全体の歪、精神ストレスからの自律神経の乱れによる原因
上記原因などによる身体全体の歪や精神ストレスなどから自律神経が乱れて血行不良が発生することで膝周辺の筋肉に痛みが発生する。さらに自律神経の乱れにより内臓の機能低下も発生し内臓反射にて膝痛になることもあります。
3.内臓の脈管系の機能低下による原因
重心のずれで脳、心臓、肺など内臓を含む脈管系(動脈、静の脈、リンパの流れ等)の機能低下を起こしこれが原因で痛みが発生することもあります。
4.その他諸々の原因
食生活や睡眠等の生活習慣による原因、土地の引力や電磁波による重心の浮き沈み、大気汚染、化学物質等物理的な影響による原因、精神ストレスには家族、仕事場、学校、地域等の人間関係のストレス、劣等感、罪感等の感情からくるストレスが挙げられます。
また構造的には仕事や家事での繰り返し作業(腕、目の酷使等)、座る姿勢や癖、過去の外傷、噛み合わせ、気の流れ、生まれた時からのプログラム障害等の原因もあります。

特に慢性の場合はこれら原因が絡みあい長期に渡り痛みがある状態です。いろいろな原因を特定していく必要があります。そのためよくお話を聞き、そして脳反射検査等で原因を特定し根本原因を見つけ出しひとつずつ解決するよう施術させて頂きます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 安芸津整体院元気 All Rights Reserved.